抱っこしていないとぐずる子だったので

腰痛 抱っこ

 

娘は赤ちゃんの頃、抱っこをしていないとグズグズ泣いたり、抱っこをしないと眠らない子でした。
なので、抱っこ紐を使って抱っこや、おんぶを家事をしながら毎日のようにしていました。

 

椅子に座りたいのですが、椅子に座るとグズグズし始めるので座る事も出来ず。
寝かしつけの時はユラユラしないと眠ってくれないので、抱っこ紐をしながら、家中をグルグルしていました。

 

娘の体重も少しずつ増えていき6ヶ月くらいになり、7、8キロぐらいからは、本当に腰が痛くて辛かったです。
痛くても、抱っこをしないといけないので、そんな生活が1歳になるぐらいまで続きました。

 

その後、2人目を妊娠したので、お腹が大きくなるにつれ、腰に負担がかかり、痛いのはずっと続きました。
寝る体勢も、お腹が大きくなると限られてしまうので、それも辛かったです。

 

今は子供達を抱っこする事はなくなりましたが、買い物をしてペットボトルやビールをケースで買った時は持ち上げて降ろした後から痛みが続きます。

湿布や、体操

腰痛 抱っこ

 

娘を預けてマッサージへ行きたかったのですが、子育てで授乳もあり、ママじゃないと泣く娘でしたので、それも出来ず、湿布を貼ったりして対処していました。
効果は何もしないよりは、あったと思います。

 

妊婦の間は寝る体勢が限られていたので、抱き枕を購入して、足で挟んだり、後は小さめのクッションを腰の下に入れて腰を伸ばしたりしていました。

 

体操もストレッチ程度にしていました。

 

腰を伸ばすように反らしたり、骨盤を意識しながら回してみたりもしました。
適度な運動もしました。娘をベビーカーでよく近所を散歩しながら、姿勢良く歩いたりもしました。姿勢が悪いと腰痛になりやすいので、背筋は意識していました。

 

冬は冷やさない様に、気をつけました。
ホッカイロを腰に貼ったりして外出をしていました。

 

産後の腰痛は骨盤が開いているのでなりやすいのかもしれません。
す ぐ、骨盤矯正に行くのがいいのですが、お金も時間もかかります。
ましてや、赤ちゃんなので預けるのもむずかしいです。
なので、骨盤矯正ベルトを産後すぐに巻いて骨盤を締めた方がいいです。

こちらの記事も人気です♪