赤ちゃんをおんぶしての庭仕事がつらい

腰痛 赤ちゃん おんぶ

夜泣きがひどく、授乳して寝かしつけていましたが、授乳中は同じ体勢でいることが多いのでだんだんと腰痛がひどくなっていったきがします。

 

日中は、抱っこひもでおんぶしながら家事をしたり、買い物に出かけたりしているので、抱っこひもをはずすとかなり腰が痛い時があります。

 

また、今使っているマットレスや枕も身体にあまりあっていないようで、朝起きると腰だけでなく、首や肩も凝っていて、自分でマッサージをしたりしますがあまり改善されません。

 

その他、一番腰が痛むのが、子供をおんぶしたまましゃがんで庭仕事をしている時です。
長い時間、しゃがんだ状態でいることが一番の原因だと思いますが、庭仕事をやめるわけにもいかないので、毎日痛みを我慢しています。

 

たまに立ってストレッチもしますが、痛みがなくなることはほとんどなく、慢性化しているのかもしれません。
また、夜泣きで毎日ほとんど眠ることができず、自律神経が乱れてしまっていることも腰痛が治らない原因の一つだと思います。

アロマでオイルマッサージ

腰痛 赤ちゃん おんぶ

 

今までいろいろな方法を試しましたが、完全に腰痛がよくなることはありませんでした。
睡眠不足に加え、日常生活の乱れも整えていく必要があると思いますが、夜泣きがおさまらない間は難しいのかなと思います。

 

家事の合間に、骨盤体操やストレッチを行っています。
痛気持ちい感じで、筋肉がほぐれているのが分かり、気持ちもすっきりします。

 

今まで一番試して効果的だった方法が、アロマテラピーです。
腰痛は筋肉や骨ではなくて、「脳」に原因があり、ストレスを感じると腰痛や頭痛などの痛みを作り出すと以前テレビで見たので、自律神経を整えるためにアロマテラピーを生活に取り入れました。

 

香りは瞬時で気持ちを切り替える働きがあるので、腰痛も和らぎます。
また、お風呂上りに自分でリラックス効果のあるラベンダーとベルガモットのオイルで腰をマッサージすると、一時的ですがかなり痛みが和らぎました。

 

それからは視点を変えて、腰よりも脳がリラックスできる環境を作るようにしました。

こちらの記事も人気です♪