これさえ見れば解決!赤ちゃんを抱っこする時の腰痛を予防する方法!

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

妊娠・出産を終え、自宅に新しい家族である赤ちゃんがやってきてくれる。
というのは非常にうれしいことですよね。
新しい生活に戸惑うことが多くありますが、それでも愛するわが子のお世話と思えば苦にならないという人も多くいます。
ですが、毎日のお世話で一番つらくなるのは、抱っこ。といわれています。
赤ちゃんを抱っこし続けることで腰を痛め、ひどい腰痛になってしまうという方は意外に多くいます。
新生児の間は大丈夫だったけど、だんだんと成長し重くなるわが子を抱っこし続けるために、腰痛を起こさないでだっこをすることができたら。
そんな風に思うママやパパは多いですよね。

 

そこで、腰痛を起こさないで赤ちゃんを抱っこするテクニックをご紹介して行きたいと思います。

 

赤ちゃんのお世話は全体的に腰痛になりやすい

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

赤ちゃんのお世話を続けるママやパパには、腰痛が酷いという人は多くいます。
抱っこだけではなく、実は赤ちゃんのお世話自体に腰を痛める要素がとても多くあります。

 

前かがみはとても腰に負担が掛かる

 

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

小さな赤ちゃんのお世話をする時、多くの人は前かがみの姿勢でお世話をしますよね。
抱っこをする時にも前かがみになって赤ちゃんを抱きあげたり、赤ちゃんを降ろすときにも前かがみになることが多くあります。
赤ちゃんのおむつを替えるという時にも、前かがみになって行いませんか?

 

前かがみの姿勢から何かを持ちあげたり前かがみになって何かを降ろす場合、腰にはとても大きな負担がかかります。

 

腕を伸ばして赤ちゃんを支えるのは腰と背中に負担が掛かる

 

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

車移動をする時に、赤ちゃんをチャイルドシートに載せることになります。
直前までは胸に抱っこしていた赤ちゃんでも、チャイルドシートの移すときには腕を伸ばして赤ちゃんを支えることになります。
新生児期に沐浴をさせる時にも、腕を伸ばして赤ちゃんの身体を支えます。
赤ちゃんをあやそうとして「たかいたかい〜」と脇の下に手を入れて思い切り高く抱き上げる時も、やはり腕を伸ばして赤ちゃんの身体を支えることになります。

 

赤ちゃんのお世話をするシーンでは想像以上に腕を伸ばした状態で赤ちゃんの身体を支えることがありますが、これは腰と背中にも大きな負担をかけています。
背中にかかる負担は最終的に骨盤に負担をかけ、腰の負担となってきます。

 

体をひねった状態は腰に負担が掛かる

 

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

生活の中心に赤ちゃんがいる家庭は多くありますが、だからといってすべてを赤ちゃんのためだけに過ごすことが出来るわけではありません。

 

とくにママは家事をこなし、育児をこなし、場合によってはお仕事もとかなり忙しいですよね。
時には片手で赤ちゃんをだっこして作業を行う必要があるケースもあります。

 

利き腕はどうしても開けたいので、多くのケースで利き腕ではない方で毎回片手抱っこの状態になります。
片手抱っこをしている時には腰の辺りで赤ちゃんを支えるため、腰を動かすことが出来ないので状態だけを捻って作業を行うことも多いですよね。

 

離乳食が始まり、食卓では赤ちゃんと横並びになって赤ちゃんに離乳食を与えながら自分も忙しく食事をするというママも多くなります。
このような時も、身体は捻った状態です。

 

捻った状態というのは骨盤が歪み、背骨も歪みます。
歪みは身体の筋肉のバランスを崩していきますよね。

 

この筋肉のバランスが崩れると、身体は調整しようとしてさまざまなところに不自然な負担が掛かっていきます。
最終的に身体の要となる腰には大きな負担がかかり、腰痛の原因となるんです。

 

 

赤ちゃんのお世話をする時には、どうしてもこのように腰痛の原因となってしまう動作が多くあります。
では、それぞれについて腰痛を起こさせない、腰に負担をかけないようにしていくために出来ることはないのでしょうか?

 

抱っこするときは赤ちゃんと目線を合わせてみよう

 

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

抱っこは赤ちゃんと密着することができるため、赤ちゃん自身も安心しますし、ママやパパにとっては最高のスキンシップです。
抱っこする時に前かがみになって持ち上げるのではなく、ぜひ一度赤ちゃんの目線にまでしゃがみ、赤ちゃんと眼を合わせて抱き寄せてから、立ち上がるということがお勧めになります。

 

しゃがむときには膝を曲げて腰を低く落とすことが出来ます。

 

一見下の方から持ち上げることは大きな負担になりそうと感じますが、実はこの動作は腰に負担をかけずに赤ちゃんを抱きあげることが出来る方法なんです。
また赤ちゃんを自分の近く抱き寄せてから立ち上がることで、赤ちゃんの重心が自分い近い場所になるので、背中に負担がかかりにくくなり、結果的に腰にとっても負担となりません。

 

赤ちゃんを抱っこから降ろすときにも、一度しゃがむという動作を入れるだけで腰にかかる負担は軽くなっていきます。

 

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

長時間抱っこする場合には抱っこ紐を使うこともおすすめです。
特におすすめできるのは、赤ちゃんの身体を自分に密着させることが出来るタイプの抱っこ紐です。

 

腰ベルト付きの抱っこ紐は一見楽そうですが、骨盤を固定してしまうために場合によっては骨盤を歪ませてしまい別の腰痛を引き起こしてしまう事があります。

 

抱っこ紐を選ぶ時には自分の体格に合い、赤ちゃんとぴったり寄り添えるタイプのものを選ぶようにすると、腰には負担がかかりにくくなりますし、赤ちゃんとのスキンシップにもなります。
密着することで赤ちゃんも安心して実は居心地が良くなるんですよ。

 

おむつを替える時には自分自身も低い姿勢で

 

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

自宅でおむつを替える時には、多くのケースで床におむつ替えのためのマットやタオルを敷いて行いますよね。
この時に腰が痛いと感じる人は多くいます。
ですが、ショッピングモールなどに設置されているおむつ替えシートなどでおむつ替えをしていると、前かがみの姿勢になることが少なく、腰にも負担が掛からない状態でおむつ替えが出来ると感じている人もいると思います。

 

自宅の床の上でおむつ替えをしている時には、ママが膝を床につけて前かがみでおむつ替えを行っていることが多く、自然と前かがみの姿勢になり、背中が曲がり、背中と腰に負担をかけてしまうのですが、おむつ替え台はちょうどお腹の辺りに赤ちゃんの足がきて前かがみになる姿勢で腰に負担をかけることが少なくなるんです。

 

可能であれば、おむつ替え台と同じくらいの高さで赤ちゃんのおむつ替えができるようにしましょう。
難しい場合には、床の上でママもぺたんと座り込んで、腰を休ませるようにしておむつ替えを行うようにします。
膝立ちの状態は腰に大きな負担が掛かるということを理解して、できるだけ腰を休ませることができる姿勢を取るようにしていきましょう。

 

腕を伸ばしたまま身体を支えない

 

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

新生児期に最も腰を傷める原因となるのが沐浴です。
赤ちゃんの扱い自体が不慣れで、さらに腕を伸ばしたまま赤ちゃんの身体を支えることが多い沐浴は、体中の筋肉を緊張させ、さらに腰や背中に負担をかけてしまう事が多いんです。

 

腕をのばしたまま赤ちゃんの身体を支えるのは非常に腰と背中に負担をかけます。
沐浴を行う時にはもう濡れることを前提にして、赤ちゃんを腕だけで支えない、できるだけ自分の近くで沐浴をするということを心がけます。
可能であれば洗面台くらいの高さで沐浴を行う、もしくは床にぺったりを座り込んで沐浴をするようにします。

 

腰を休ませる機会を多く持つことが大切

 

腰に負担をかけないようにしようと思っても、やはり赤ちゃんのお世話に夢中になると、どうしても腰に負担が掛かってしまう姿勢を続けることは多くなります。
抱っこするときだけ腰に負担が掛からないように気を付けるのではなく、普段から腰を休ませる機会を持つということもお勧めになってきます。

 

  • 座るときには床にお尻をぺったりとつけてすわり、なるべく前かがみの姿勢にならないようにする。
  • 中腰の姿勢を取り続けない。
  • 重たい荷物はしゃがんで重心を落としてから持ち上げる。

 

ちょっとしたことを気を付けるだけで、腰にかかる負担は大きく減っていきます。

 

ストレッチも効果的!おすすめのストレッチをご紹介

 

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

抱っこで腰痛を起こさないためには、実はストレッチを行うことも効果的です。
どうしても普段前かがみの姿勢を取りやすいことで起こりやすい育児中の腰痛なので、逆の動きをお行うことで腰痛を起こしにくくすることが出来ます。

 

おすすめのストレッチとして、まずはヨガのポーズとしても知られているアップキャット・ダウンキャットというポーズです。
アップキャットもダウンキャットも猫が行う動作をポーズに取り入れたものです。

 

四つ這いの姿勢になり、まずは背中を丸めていきます。
この時息を吐きながら背中を丸め、視線はおへそをのぞき込むように行います。
背中を丸めきったら一度息を吸い、また今度は吐きながら元に姿勢に戻します。
次に視線を天井に向け、空を見上げるように頭を上げて、腰を反らします。
この時に息を吐き、腰に負担がないくらいまで腰を反らしましょう。
一息ついて息を吸い、また息を吐きながら元の姿勢に戻します。

 

どちらもお腹にも力をいれて引き締めるようにすることで、腹筋を鍛えることもできます。

 

実はこの腹筋を鍛えることで、腰回りに筋肉のコルセットをつくることになり、腰痛を防ぐ効果もあります。

 

仰向けになって膝を抱え、頭も膝に近づけていくという赤ちゃんのポーズも腰痛予防には効果的なポーズで、比較的誰でもやりやすいポーズです。

 

このポーズは背中の緊張も解き、さらに便秘を改善させる効果もあるので、産後ママにはおすすめのポーズになっています。

 

まとめ

 

赤ちゃん だっこ 腰痛 予防

 

赤ちゃんを抱っこする機会がおおい保育士さんは、赤ちゃんを抱っこする時にはかならずしゃがみこんで自分自身の重心を落とし、座っている赤ちゃんなら赤ちゃんと視線を合わせるようにしてから抱き上げるようにしているそうです。
これは自分自身の腰痛予防に効果的であること、そして赤ちゃんとのコミュニケーションをとるためにもおススメの方法だからと言います。

 

抱っこは赤ちゃんとママやパパとがスキンシップをすることができるとてもシンプルな方法です。
少しでも長い時間赤ちゃんを抱っこするというスキンシップを続けていくことが出来るように、抱っこする姿勢に気を付けて、ぎゅっと赤ちゃんを抱きしめるようにしていきましょう。

 

赤ちゃんを抱っこして腰痛になってしまった場合、マットレスを見直すことで改善していくことが出来る可能性があります。
腰痛改善マットレスとして人気があるモットンについて、参考サイトはこちら→モットンの口コミは怪しい?

更新履歴